.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
FXで億万長者を目指す投資術
FXは貧乏人でも金持ちになれる可能性を秘めた人生一発逆転のツール
FXに出会ったおかげで、億万長者への道を着実に歩んでいます。

◆FXについて基礎から学びたい方は資産運用が必要な理由
◆FXの基礎を学び終えたら失敗しないFX業者の選び方
◆投資資金を作るにはリスクゼロで確実に現金をもらう方法


デイトレード用情報収集
チャート分析用
スワップ運用1000通貨取引可
外為オンライン
DMM FX
GMOクリック証券
マネーパートナーズフォーランドオンラインマネーパートナーズ
FXブロードネット
.
.
.
.
.
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.
.
.
.
.
2011/05/08(日)
まずは応援クリックをお願いします。
あなたの一票でランキングがUP!
記事更新の励みになります。
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

為替相場は24時間動いている
株式相場は朝9時から昼3時までしか開いていないので、
昼間仕事をしている人は、積極的に取引することは難しいです。

為替相場は土・日曜日を除いて24時間動いています。もちろん祝日も動いています。
株式相場のように時間の制約がないので、
いつでも自由に参加できるのが大きなメリットなのです。

日本時間の月曜日午前7時から土曜日の午前7時までノンストップで動いています。
(米サマータイム時は、月曜日午前6時~土曜日午前6時
※FX業者によって月曜日の始まる時間が若干異なります。

アメリカではサマータイム制度があるので、
アメリカがサマータイムの期間は、日本でも月曜日の取引開始時間と、
金曜日の取引終了時間が1時間早まります。


日本人トレーダーは世界で最も恵まれている!?
為替相場には、相場が大きく動きやすい時間帯、
いわゆるゴールデンタイムが存在します。日本時間夜9時~未明にかけてです。

為替市場は、まず早朝にニュージーランドでディーラーが取引を開始して、
その後地球が自転するのに沿って、シドニー、東京、香港、シンガポール、
中東、フランクフルト、パリ、ロンドンと次々にオープンしていき、
日本時間夜9時ごろに、ニューヨークの市場がオープンします。

日本時間夜9時~未明にかけては、
ロンドン市場とニューヨーク市場がオープンしている時間帯です。
ロンドン市場とニューヨーク市場は世界1位・2位の金融市場で、
1日の中で取引に参加している人が最も多い時間帯です。

多くの人が参加しているということは、それだけ売買が活発になり、
相場が大きく動きやすくなるということです。
デイトレードで積極的に利益を狙うなら、この時間帯を逃す手はありません。

日本人ならばほとんどの人が仕事を終えて、家でくつろいでいる時間帯です。
誰でも取引に参加できるとても恵まれたFX環境にあるのが日本人なのです。
.
.
.
.
.
2011/05/07(土)
まずは応援クリックをお願いします。
あなたの一票でランキングがUP!
記事更新の励みになります。
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

IFO注文とは
IFO注文は、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。
両者の特長を活かすことができます。

IFD注文では「新規の注文一つに対して決済の注文は一つ」ですが、
OCO注文では「決済の注文を二つ」出すことができます。

この二つを組み合わせることで「新規の注文一つ+決済の注文二つ」
を同時に出すことができ、新規の注文が成立すれば、
決済の注文も自動的に発動されるのです。


IFO注文の取引例
例えば、現在1ドル=90円で、もう少し安くなったらドルを買いたいので、
89円になったら10万ドルを買って、91円になったら利益を確定、
87円になったら、これ以上損失を拡大させたくないので、損益を確定したいとします。

こういう時は「①1ドル=89円の買い②1ドル=91円の売り③1ドル=87円の売り」
のOCO注文をします。

IFO注文
外為オンラインの取引画面

予想通り89円になったら①の注文が成立、②③の注文が発動します。
その後、91円になったら②の注文が成立して20万円の利益
89円になったら③の注文が成立して20万円の損失となります。

このように、新規注文から決済まで全てを指定したレートで自動的に売買してくれるのです。

IFO注文は業者によって呼び方が異なる場合があります。
「IFDO注文」「IFD+OCO注文」「イフダンOCO注文」などと呼ぶこともあります。
.
.
.
.
.
2011/05/07(土)
まずは応援クリックをお願いします。
あなたの一票でランキングがUP!
記事更新の励みになります。
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

OCO注文とは
OCO注文は「One cancels the other」の略で、オーシーオー注文と呼ばれています。
一度に二つの注文をして、最初の注文が成立すれば、
二つ目の注文がキャンセルされる注文方法です。

IFD注文と似ているが
IFD注文は「一つ目の注文が成立すれば、二つ目の注文が発動される
OCO注文は「一つ目の注文が成立すれば、二つ目の注文がキャンセルされる
の違いがあります。


利益確定と損失確定の注文が同時に行える
例えば、1ドル=90円で1万ドルを買っていて、
91円になればドルを売って利益を確定したいが、
89円になれば、これ以上損失を拡大させたくないので、損失を確定したいとします。

こういう時は「①1ドル=91円の売り ②1ドル=89円の売り」のOCO注文をします。

OCO注文
外為オンラインの取引画面

予想通り91円になれば、①の注文が成立して10万円の利益となり、
②の注文はキャンセルされます。

予想が外れて89円になれば、②の注文が成立して10万円の損失となり、
①の注文はキャンセルされます。
.
.
.
.
.
2011/05/07(土)
まずは応援クリックをお願いします。
あなたの一票でランキングがUP!
記事更新の励みになります。
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

IFD(イフダン)注文とは
IFD注文は、「if done」の略で、イフダン注文と呼ばれています。
一度に二つの注文を出して、最初の注文が成立すれば、二つ目の注文が自動的に発動されます。
新規の注文と決済の注文を同時に出すことができます。

例えば、現在1ドル=90円だとして、もう少し安くなったらドルを買いたいので、
「89円になったら1万ドルを買って、91円になったときに売りたい」と思った場合、
「①1ドル=89円の買い②1ドル=91円の売り」のIFD注文をします。

IFD注文
外為オンラインの取引画面

予想通り89円になれば、①の注文が成立して②の注文が発動、
その後91円になったときに、②の注文が成立して2万円の利益が確定します。

つまり、一つ目の注文が新規の注文で、二つ目の注文が決済の注文となるわけです。

IFD注文は「指値注文」でも「逆指値注文」でも出すことができます。
二つ目の注文を「指値注文」にした場合は、利益確定の注文となり、
二つ目の注文を「逆指値注文」にした場合は、損失確定の注文となります。


IFD注文の注意点
IFD注文は一度に二つの注文を出すことができますが、
一つの注文に対して決済方法は一つだけです。

二つ目の注文が「指値注文」の場合は、利益確定の注文となるので、
損失を確定したいときは「成行注文」で行わなければなりません。

二つ目の注文が「逆指値注文」の場合は、損失確定の注文となるので、
利益を確定したいときは「成行注文」で行わなければなりません。
.
.
.
.
.
2011/05/06(金)
まずは応援クリックをお願いします。
あなたの一票でランキングがUP!
記事更新の励みになります。
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

逆指値注文とは
逆指値注文は「買いたいレート」「売りたいレート」を指定する注文方法です。
別名ストップ注文とも呼ばれています。
指値注文と全く同じように思えますが、少し異なります。

指値注文は
現在のレートより「価格が下がったら買う」「価格が上がったら売る」注文方法で
つまり、現在のレートよりも有利なレートで売買したい場合に用います。

一方、逆指値注文は
現在のレートより「価格が上がったら買う」「価格が下がったら売る」注文方法で
つまり、現在のレートよりも不利なレートで売買したい場合に用います。

現在のレートより不利なレートで売買することに何の意味があるのか
疑問に思う方もいるかもしれないので、簡単に説明します。


トレンドに乗りたいときに用いる
為替相場は、一度動き出したら一方向に動きやすい性質があります。

例えば、現在1ドル89.30円~89.60円の間を行ったり来たりして、
この時点ではレートが上昇するか下落するかは分かりません。

もし89.60円を上回れば、値動きが加速して一気に上昇するだろうと予測します。

こういう時は「1ドル=89.70円で逆指値の買い注文」をしておけば、
89.70円になったときに、自動的に買い注文が成立するのです。

逆に89.30円を下回れば、値動きが加速して一気に下落するだろうと予測します。

こういう時は「1ドル=89.20円で逆指値の売り注文」をしておけば、
89.20円になったときに、自動的に売り注文が成立するのです。

このように、上昇トレンド・下降トレンドに乗ったと判断した場合
そのトレンドに自動的に乗れるように、あらかじめ注文しておくのが逆指値注文です。

現在のレートより不利なレートで売買するのは、一見不合理なように思えますが、
トレンドが出やすいと為替相場の特性を活かすことができる非常に便利な注文方法なのです。


損失を限定するときに用いる
逆指値注文を最も多用する場面が、あらかじめ損失を限定したいときです。

例えば、1ドル90円で10万ドルを買っている場合、
1ドル=89円・88円・87円と円高が進めば、
損失が10万円・20万円・30万円とどんどんと増えていってしまいます。

こういう時は「1ドル=89円で逆指値の売り注文」をしておけば、
89円になったときに、自動的に売り注文が成立して、損失は10万円に限定されます。

相場は常に自分の予想通りに動くとは限りません。

相場が予想と反対方向に行った場合でも、あらかじめ逆指値注文をすることで、
それ以上の損失の拡大を防いでくれるのです。


レバレッジを大きく掛ければ掛けるほど、わずかな値動きで大きな損失となるので、
損失を限定する逆指値注文は非常に大事な注文方法なのです。
.
.
.
.
.

Before  | Copyright © FXで億万長者を目指す投資術 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
.
.
.
.
.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。